日本農村医学会新潟地方会規約


第一章  名 称   本会は社団法人日本農村医学会新潟地方会と称する

第二章  事務局   この会は主たる事務所を新潟市東中通JAビル新潟県厚生連人事部に置く
              事務局長には、人事部長を選任する

第三章  目 的   本会は、農村の実態に立脚して、医療と保健福祉に関する全ての問題をJAと協力して調査研究し、
              その健全な 向上、発展を期し、その成果は農村医学会を中心とした適切な会に報告するものとする。

第四章  事 業    本会は、前章の目的を達成するため次の事業を行なう。  
              第1条   農村に関する医学的調査研究
              第2条   学会ならびに学術講習会の開催
              第3条   農村医療機関の管理に関する調査研究
              第4条   機関紙、前各号の調査研究に必要な印刷物の刊行
              第5条   学会関係(特に農村医学会)並びに海外各学会との連絡、協力
              第6条   この他、本学会の目的を達成するために必要な事業
              第7条   必要に応じ関係大学、関係行政の指導を得るように努める。

第五章  会 員    1)本会の会員並びに本会会員以外で、この目的に賛同する医師および学術研究者
               2)この目的に賛同する施設の職員
               3)賛助会員 この会の事業に賛同するために入会した個人又は団体
               4)名誉会員 本会に対し特に功労のあった者の内から総会の決議をもって推薦された者

第六章  役 員   次の役員を置く
              理事、評議委員・・・・若干名(選出方法は別記)
              役員   支部長    1名
                   副支部長   2名 
                   常任理事   上、中、下越、佐渡(各一名)それぞれ地区で推薦する。
                   評議委員  各職域 評議委員からも理事を選出する。

第七章  顧 問   顧問を置くことができる。
              理事会において推薦し総会承認、役員会に出席し意見を述べることができる

第八章  総 会   総会は、通常総会および臨時総会の2種とする。
              総会は、正会員が構成する。毎年1回開催する。
              総会は、支部長が招集する。

第九章  役員会   役員会は理事、評議員をもって構成する。
              役員の議長は、支部長がこれにあたる。

第10章  学術総会 年に一回学術総会を開催しなくてはならない。
              役員会に次期会長、会場等を決める。
              原則として県内厚生連病院の持ち回りとする。
              学術総会は、到来の例会の回数を引き継ぐこと。   
              総会への発表は日農誌に必ず投稿のこと。(地方会会長の責任で)

○附 則        規約に定めた事項以外は、役員会で決定する。
              役員の任期は、原則2年とする。
              職種の代表は、その異動の結果を見て役員会で決定する。
              経営の費用は県厚生連に負担をお願いする。

第11章  この規約は平成16年4月24日より施行する。