研究会のご案内
中越細胞診研究会

1993年(平成5年)に、新潟県長岡市を中心とする中越地区における、臨床細胞検査士の研修を目的とする勉強会として発足しました。毎月第3木曜日午後5時より、難解症例と希少症例を持ち寄り、鏡検検討を重ねております、今後は、インタ−ネットを使った学習を企画しております

JA新潟県厚生連細胞診研究会

1973年(昭和48年)にJA新潟県厚生連病理センタ−発足以来、系統病院の臨床細胞診断の精度の向上を目的として発足しました。今回、新潟県下の厚生連系統15病院において経験された細胞診症例をインタ−ネット上に公開し検討できるようにしました。症例提示、所見、最終診断等を経時的に掲載いたします。

JA新潟遠隔医療研究会

1998年(平成10年)11月、新潟県の医療事情を鑑み、新潟県JA厚生連関連施設の遠隔医療システムの確立を目指すことを目的として設立しました。画像診断支援として、病理センタ−と刈羽郡総合病院手術室間に1998年(平成10年)11月にテレビ電話による遠隔病理診断支援システムを開設し、その後、村上総合病院手術室間に2001年(平成13年)10月にテレビ電話による遠隔病理診断支援システムを開設し、現在運用しております。

JA新潟県厚生連遺伝子診断研究会

中越遺伝子診断研究会(1999年3月〜2004年3月)が発展的解消し、新しくJA新潟県厚生連遺伝子診断研究会(2004年4月〜)として生まれ変わりました。医師、臨床検査技師をはじめ遺伝子診断に興味を持った医療技術者が職域を超えて集まり、日常業務のなかで発生した問題点について分子生物学的側面から解析にむけチャレンジしております。