当施設の業務内容の説明 

 当検査部門は、当初、新潟県厚生農業協同組合連合会病理センターとして、1971年(昭和46年)4月に開設され、1981年(昭和56年)3月に衛生検査所として登録して業務展開してまいりました。「新潟県厚生連系統15病院の病理検査機能の向上を目的として、初代小島國次所長、二代石崎敬所長、三代に私が責任を任されてきました。2005年(平成17年)10月に、長岡中央綜合病院の新築開院時、合併し、現在に至っております。 

 私どもは日々進歩をとげる医療に対応できる病理検査を目指し、開設以来培ってきた熟練した技術とともに遺伝子検査など先進かつ高度な臨床検査技術を積極的に導入することにより病気の真実を徹底的に解明し、豊富な知識を持った専門医により精度の高い病理診断を行っております。県内厚生連諸病院とネットワークされた遠隔画像伝送システム(テレパソロジー)は各病院における手術時の迅速病理診断を可能とし、患者さんへの適切な医療技術の提供をサポートしているほか、結果の報告については診断書の自動送信システムにより、できる限り迅速な報告が可能となるように努めております。 また、治療に直結した病理検査として個々の体質にあった治療法である抗体治療やホルモン治療など最新の医療にも対応できるように常に新しい技術にチャレンジし、日常業務に反映させていきたいと考え努力しております。 

 なお、当施設では関連医療機関以外の施設からのご利用も受け付けております。詳しくはお問い合わせください。

                                              病理部長:五十嵐俊彦  

当施設の業務成績に関しては、別表を参照ください。

 

2021/04/16付で、ISO15189認定施設となりました。
今後一層、精度管理に精進してまいります。

 住所 JA新潟県 厚生連 長岡中央綜合病院 病理部
     940-0861新潟県長岡市川崎町 2041番地
     電話 代表  0258-35-3700 (内線3850) 直通 0258-35-3759
     FAX  0258-35-9784
     メールアドレス pathology@nagachu.jp  (病理部)
     iikarashi@nagachu.jp   (五十嵐病理部長)


JA新潟県厚生連病理センターのトップページ